来店不要のキャッシングの利用方法

無人契約機やインターネットの申し込みは基本的に作業手順が画面に表示されるので特に、事前の知識がなくても作業を進めることができます。準備物として身分証明ができるものと給与の証明ができるものがあれば手続きがその場で行えます。身分証明は免許証やパスポートがあれば問題ないのですが、顔写真付きの公的な身分証明書がなければ複数の書類を準備する必要があります。そこで、パスポートや免許証、住民基本台帳カードといった顔写真付きの身分証明がない人はインターネットや電話で準備すべき書類を事前に確認しておく必要があります。

必要事項を入力すれば審査が行われます。その場ですぐに返答が来る場合もあるのですが、内容によってはある程度の時間がかかるものもあります。インターネット申し込みであればメールでの返信がされますし、無人契約機でも機械についている電話でのやり取りで審査の結果を聞くことができます。審査が終わり、融資が受けられるとなれば融資の内容を確認して実際にお金を受け取ることになります。

この際、大手の消費者金融であれば当日に融資を受けることができるところが多いです。ただし、当日に受け取るためには申し込み時間が決められているところもありますし、大手でも翌日以降であることもあります。即日融資は時間や無人契約機のみ、指定の金融機関の銀行口座が必要といった条件があることもあるので注意が必要です。

来店不要の消費者金融

消費者金融でお金を借りる時に不安なのが来店しての手続きです。お店に足を運んでいることを誰かに見られることも不安ですし、万が一消費者金融でのやり取りをする担当者が知人であったらとか借りている事実を誰かに口外されたらとかということを不安に思うものです。

そこで、利用したいのが来店不要の消費者金融です。来店不要というのは、消費者金融に出向いて窓口で担当者と対面での取引が必要ないものを指します。郊外にある無人の契約機やインターネット申し込みがこれに当たります。無人契約機は必要書類を持って契約機のある建物に入ればそこで電話でのやり取りをしつつ手続きが行われます。

それでも契約機に入る様子を誰かに見られることを不安に思ったり、やり取りを人間とすることに不安が出てくるものです。そのような時に利用したいのがインターネットでの契約です。必要書類もファックスやメール添付、申し込みフォームへの添付をすれば提出ができるので、基本的には人とのやり取りがなく契約をすることができるのです。インターネットや無人契約機であれば、24時間365日契約ができるので、主婦の人や会社員の人など平日の窓口の空いている時間に来店が難しい人でも利用ができるというメリットがあります。

PICK UP|消費者金融業者<ノーローン>

消費者金融へのイメージ

消費者金融でお金を借りるということはネガティブなイメージが多くあります。まずは何よりもお金を借りていることを周囲の人に知られたくないということです。お金を借りているということは、生活が苦しいとか満足のいく収入が得られていないということを想像させるために、能力が足りないために仕事ができないと思われたり、ギャンブルやアルコールの依存症であったりということを思われてしまうことがあります。そうすると、お金を貸して欲しいと言われないかとか何かトラブルに巻き込まれないかという不安から友人からも距離を取られてしまうこともあります。そのため、家族の病気のような致し方ない理由であったとしてもお金を借りているという事実は知られたくないものです。

また、消費者金融というと怖いイメージを持っている人も多くいます。お金を借りる際には雑居ビルの暗くて怖い部屋の中でコンコンと強面の人たちに囲まれて説明を受け、内容も理解できないままに契約書にサインをさせられ捺印をさせられることをイメージする人も多いものです。借りた後も、利息が多くてお金を工面するのに苦労したり、職場や自宅まで取り立てが来て周囲に迷惑をかける不安を抱く人も多いものです。しかし、最近の消費者金融にはそのようなところは少なく、契約のための来店さえも不要なところが増えています。そこで、ここでは来店不要な消費者金融の手続き方法と利用の注意点を紹介していきます。