消費者金融へのイメージ

消費者金融でお金を借りるということはネガティブなイメージが多くあります。まずは何よりもお金を借りていることを周囲の人に知られたくないということです。お金を借りているということは、生活が苦しいとか満足のいく収入が得られていないということを想像させるために、能力が足りないために仕事ができないと思われたり、ギャンブルやアルコールの依存症であったりということを思われてしまうことがあります。そうすると、お金を貸して欲しいと言われないかとか何かトラブルに巻き込まれないかという不安から友人からも距離を取られてしまうこともあります。そのため、家族の病気のような致し方ない理由であったとしてもお金を借りているという事実は知られたくないものです。

また、消費者金融というと怖いイメージを持っている人も多くいます。お金を借りる際には雑居ビルの暗くて怖い部屋の中でコンコンと強面の人たちに囲まれて説明を受け、内容も理解できないままに契約書にサインをさせられ捺印をさせられることをイメージする人も多いものです。借りた後も、利息が多くてお金を工面するのに苦労したり、職場や自宅まで取り立てが来て周囲に迷惑をかける不安を抱く人も多いものです。しかし、最近の消費者金融にはそのようなところは少なく、契約のための来店さえも不要なところが増えています。そこで、ここでは来店不要な消費者金融の手続き方法と利用の注意点を紹介していきます。